お肌の悩みで一番多いのが乾燥肌です。乾燥肌は全ての肌トラブルの根本原因になるといっても過言ではありません。貴方の肌はどうして乾いてしまうのか?スキンケアについての情報をお届けします。

顔の肌やひじの手入れはどの間隔で行う?

美しい肌を保つためには毎日のスキンケアが欠かせません。キメの整った美しい肌でも、ファンデーションを落とさずに眠ってしまうと吹き出物やニキビが発生しやすくなるので注意が必要です。
肌の状態が最も気になるのは、やはり顔でしょう。体は衣類で隠すことができますが、顔は隠すことができません。正しいスキンケアを実践する前に自分に合った化粧品を買い揃えることから始めましょう。洗顔後の肌には素早く化粧水を塗ります。化粧水はたっぷり使った方が効果が実感しやすいですし、保湿力も高まります。あまり高価な化粧水よりも手頃なタイプを選んだ方が惜しみなく使えるでしょう。化粧水で保湿をしたら、ある程度間隔をおいて美容液を使います。化粧水の成分が肌に浸透する前に美容液をつけてしまうと水分で薄まってしまい、使い心地が良くありません。美容液の後も間隔をおいてから乳液を使います。乳液は保湿成分にふたをする役割があるので、美容液だけで潤っていても使った方が高い美肌効果に繋がります。乾燥しやすい寒い時期には、乳液の後にクリームを使ったり乳液の代わりに使ってもいいですね。
顔のケアが終わったら全身の肌ケアも行います。デコルテラインまで化粧水を使って保湿する方は多いですが、腕や脚にもしっかり保湿成分を与えることが大切です。特にひじは手入れを怠るとすぐに分かる場所です。ひじが黒ずんで汚く見えてしまうと、女性としては大きなイメージダウンになります。ひじは自分の目で直接確認することが難しいので、鏡で確認しながら手入れをしましょう。
ひじを含む全身のスキンケアは、入浴した後にあまり間隔をおかずに行うことがポイントです。タオルドライしながら手入れができるようにバスルームに置いておくと便利です。